1階層目のノードが構想を左右する

FreeMindでアイデアをまとめるとき、1階層目のノードの「考え方」と「順序」によって、マップの仕上がりと仕上がる時間が変わります。

1階層目のノードの考え方

1階層目のノードは、構想するときの枠組みになります。

1階層目にどんなキーワードを書いたらよいかというルールは特にありません。

しかし、アイデアをまとめる目的がはっきりしているときは、目的に応じたフレームワークを使用すると効率的です。フレームワークとは、5W1H、起承転結、事業環境分析のSWOT、3C、マーケティングミックスの4Pといった「思考の枠組み」のことです。

調査・分析の5W1H

1階層目のノードの順序

1階層目のノードの順序が大事なのは、それが「考える順序」になるため、1階層目の最初のノードに何を書くかで、そのマップの方向性が決まってしまうからです。

例えば、企画や会議では、上記のように1階層目のノードに5W1H(Why, Who, What, When, Where, How)のフレームワークを使うことが多いです。このような場合に、「How」から話を始める人がいますが、「How」の話は最後にしないと、まとまるものもまとまりません。企画や会議においては、5W1Hを次の順序に整理するのが効果的です。

  1. Why(またはWho):なぜ(理由、背景、目的)
  2. Who(またはWhy):だれが(主体)、だれに(対象)
  3. What:何を(商品、内容)
  4. When(またはWhere):いつ(期日、タイミング)
  5. Where(またはWhen):どこで(場所、チャネル)
  6. How:どのように(手段、準備)
手を動かしながら考える企画提案-アイデアがみるみるカタチになるFreeMind仕事術FreeMind上でフレームワークを使って構想する方法については、「手を動かしながら考える企画提案-アイデアがみるみるカタチになるFreeMind仕事術」のp38-51で詳しく解説しています。同書購入後に同書公式サイトからフレームワーク集のFreeMindファイルをダウンロードすることができます。

関連記事

マインドマップをWebで共有 2008/12/21 10:15
FreeMind カスタマイズ 2008/12/21 10:31
FreeMindをアウトラインプロセッサとして使う 2008/12/21 10:02

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...