Mac版FreeMind環境設定ファイルの削除

複数のバージョンのFreeMindをインストールしたり、FreeMindをダウングレードしたりするなど、何らかの理由でまれに環境設定ファイルが壊れることがあります。その場合、FreeMindの環境設定の保存場所である「.freemind」フォルダを削除する必要があります。

Macでは「.(ドット)で始まるフォルダ名」はシステム用のフォルダと見なされ、通常は非表示になります。そのため、Finder(Mac OS)から「.freemind」フォルダにアクセスすることができません。この作業には、ターミナルでコマンドを手打ちして一時的に非表示ファイルを表示してから削除する必要があります。

ターミナルでコマンドを手打ちする方法

アプリケーション → ユーティリティ → ターミナルを開きます。

ターミナル

下記のコマンドを実行します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

killall Finder

ターミナル

隠しファイルが表示されたら、ユーザー名のディレクトリに移動し、.freemindフォルダを削除します。

ターミナル

再びターミナルに戻って、下記のコマンドを実行します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

killall Finder

これで隠しファイルが見えなくなり、元通りになります。

コマンド手打ちは、打ち間違えでOSに不具合を起こすリスクもあります。くれぐれも慎重に。

関連記事

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...

FreeMind使おう会に💰投げ銭してみる❓

ビットコインの投げ銭は↓こちらへ
1NMrA5NQkUgK7qqo8HN6o94uonjoamUqKb

Donation of BTC Received. Thank You.