XMindの基本的な使い方(3)

FreeMindでマインドマップを書くときに重宝されるのが「矢印」です。

矢印

XMindで矢印を書くには、矢印の元のトピックを選んで、Ctrl+Lキーを打ちます。薄い色の点線の矢印が出たら、矢印の先のトピックを選びます。

矢印

2つのトピックが矢印で結ばれ、矢印の上に「関連」と表示されます。

矢印

そのままEnterキーを打つと、「関連」の文字が消えて矢印が確定します。

矢印

矢印の上に「関連」が出ている状態で「関連」をクリックすると、編集モードに切り替わります。

矢印

この状態でテキストを入力してEnterキーで確定すると、矢印の注釈になります。

矢印

印刷

Ctrl+Pキーで印刷画面を呼び出します。ページ設定の「背景」と「」が不要ならばチェックを外してから「次へ」。

印刷

プリンタ個別の設定を合わせて印刷します。

XMindの基本的な使い方

関連記事

XMindのインストール(Windows版) 2014年02月12日
XMindからFreeMindへのエクスポート 2013年09月13日
XMindの基本的な使い方(3) 2010年09月30日

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...