クローンノードの使い方(その1)

FreeMind 1.0.0から加わった「クローンノード」は、元のノードと全く同じ内容のノードを生成し、片方のノードを変更すると、もう片方のノードも同期する機能です。

FreeMind 1.0.0ではクローンノード生成後にクローン機能を切る方法がわかりにくかったため、あまり使い物になりませんでした。FreeMind 1.0.1でクローン機能を切る方法が改良されて、クローン機能が便利になりました。そんなクローンノードの使い方をまとめます。

例えば、下図のマップで「資料」というノードを「編集」メニューまたは右クリックメニューから「コピー」します。

FreeMind 1.0.1のクローン機能

クローンの生成先のノードを選んで「編集」メニューから「クローンノードでペースト」。

FreeMind 1.0.1のクローン機能

クローンノード全体を同期させるときは「はい」。

FreeMind 1.0.1のクローンノード

コピー元の「資料」ノード(「A社配下」)にも、コピー先の「資料」ノード(「B社」配下)にも緑色のクローンのアイコンがつきます。これで、両方の「資料」ノード全体が互いにクローンノードになりました。

FreeMind 1.0.1のクローンノード

片方のクローンノード配下にノードを追加すると、それと同期して、もう片方のクローンノード配下にも同様のノードが生成されます。

FreeMind 1.0.1のクローンノード

続きを読む...

関連記事

重要なノードをまとめて虫食いに 2010年05月03日
自動レイアウトしたマインドマップの書式をデフォルトに戻すには 2010年01月30日
てんこ盛りノードを複数のノードに分ける 2009年01月18日

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...