マインドマップの重要なノードをまとめて虫食いに

手を動かしながら考える企画提案-アイデアがみるみるカタチになるFreeMind仕事術」の読者の方から教えていただいた便利な使い方を紹介します。

FreeMindのマインドマップを配布資料にするときのテクニックです。重要なキーワードのあるノードを印象付けたいとき、そこを虫食いにして配布し、参加者に書いていただくと効果的です。

重要なノードを虫食いに

「自動レイアウト」を設定している場合は、「書式」メニューで「自動レイアウト」を無効にします。

虫食いにしたいノードをクリックして選択します。複数のノードを虫食いにしたいときは、[Ctrl]キーを押しながら選択します。

「書式」メニューの「書式変更」を開き、「ノードの文字色」の「カラー番号」をクリックします。

重要なノードを虫食いに

カラーパレットの左上の「白」を選択して、「了解」します。

重要なノードを虫食いに

文字色を白にしたノードが虫食いになります。

重要なノードを虫食いに

手を動かし ながら考える企画提案-アイデアがみるみるカタチになるFreeMind仕事術」では、「___(アンダーバー)」に書き換える方法を紹介しましたが、これよりもはるかにスマートでお薦めです。

関連記事

複数のノードを一つにまとめる 2009年02月17日
クローンノードの使い方(その1) 2014年04月16日
自動レイアウトしたマインドマップの書式をデフォルトに戻すには 2010年01月30日

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...