マインドマップをFlashでウェブサイトに公開

FreeMind 0.9.0から、Flash Browserというプラグインが標準搭載されました。

このプラグインにより、ノードを展開したり折り畳んだりできるマップをFlashにして公開することができるようになりました。

ただし、HTMLのテキストエンコーディングが日本語対応でないため、エクスポート後にテキストエディタで修正が必要です。

方法

ウェブサイトで最初に表示させたいノードの展開/折り畳み状態にします。(よくわからないときは、とりあえず「ナビゲーション」メニューの「すべてを折り畳む」。)

FreeMindファイルをFlashで公開

FreeMindファイルをFlashで公開

「ファイル」メニューの「エクスポート」から、「Flash」をクリック。

FreeMindファイルをFlashで公開


ファイル参照画面で保存先を選び、ファイル名のうち、拡張子.htmlをそのまま残し、それ以外の部分を半角英数字だけで付け直し、「保存」。

FreeMindファイルをFlashで公開


生成されたHTMLファイルをテキストエディタで開く。

FreeMindファイルをFlashで公開

<html xml:lang="en" lang="en" xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">という行のenを2箇所ともjaに修正。

FreeMindファイルをFlashで公開

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=iso-8859-1"/>という行のiso-8859-1をutf-8に修正します。

FreeMindファイルをFlashで公開

<title>と</title>の間のスペースや改行を削除します。

FreeMindファイルをFlashで公開

上記の修正を確認して、保存します。生成されたHTMLファイルとフォルダをFTPでウェブサイトにアップロードします。

FreeMindファイルをFlashで公開

インターネットからウェブサイトにアクセスして、タイトルの文字化けが直っていることを確認します。

FreeMindファイルをFlashで公開

ノードをクリックすると、ノートが展開します。

FreeMindファイルをFlashで公開

リンクしたマップをFlashブラウザでエクスポートする場合の注意点

リンクしたマップをFlashにエクスポートすると、両マップがリンクされません。

Flashにエクスポートしてリンクが切れるのは、FlashブラウザがFreeMindファイルのファイル名を、一律map.mmに変えてしまうためです。その対処法は、次の通りです。

  1. 元のFreeMindファイルのファイル名をすべて英数半角にリネーム。リンク元もリンク先もすべて。
  2. もし日本語ファイル名ならば、リネームしてリンクが切れるので、再度リンクし直し。
  3. Flashにエクスポート。
  4. エクスポートして生成されたフォルダ(Flashブラウザが入っているフォルダ)の中に元のFreeMindファイルをすべて移動。

これで、Flashにエクスポートして生成されたHTMLを開いてみてください。

マインドマップをJavaのままウェブに 2010年06月01日
マインドマップ共同編集ツールMindMeister 2014年03月30日
マインドマップをWebで共有する方法 2011年06月01日

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...