Mindjetのファイルのリネーム・メール添付

Files画面では、ファイル名の変更、ファイルの色分け(分類)、ファイルのメール添付、コピー、移動、削除などの操作ができます。

Mindjetを起動すると最後に作業した画面に戻ります。マップを閉じてMindjetを終了していれば、Mindjetを起動したときにFiles画面が開きます。

マップを書きかけたままであれば、Mindjetを起動するとマップが開きます。マップ画面でFilesボタンをタップして、マップを閉じると、マップの保存先の画面になります。

Files画面から操作したいファイルがある場所(Local Files, Mindjet Files, Dropbox, etc.)をタップします。ここでは、例としてLocal Filesを開き、Local Files画面でEditをタップしましょう。

Local Files

ファイル名の変更

Local Files画面でEditをタップし、ファイル名の右側に現れたRightボタンをタップします。

Edit File画面でファイル名をダブルタップして、ファイル名を編集し、Doneをタップして確定します。

Edit File

色分け(分類)

ファイルが増えてきたら、ジャンルごとにラベル(色)を付けて分類しておくと便利です。

Local Files画面でEditをタップし、ファイル名の右側に現れたRightボタンをタップします。

Label Colorをタップしてカラーパレットを呼び出し、色を選んでDoneをタップして確定します。

ラベルを外すには、カラーパレットでRemove Colorをタップします。

メール添付

Local Files画面でEditをタップし、ファイル名の右側に現れたRightボタンをタップします。

Edit File画面でEmail fileをタップします。メールアプリが起動して、MindjetファイルとPDFファイルが添付されます。宛先を指定してSendで送信します。

メール添付はPDFファイルに出力する唯一の方法です。Mindjetで書いたマップをFreeMindにエクスポートせず、そのまま使いたいときに、この機能を使います。

送信しない場合は、CancelをタップしてDelete Draftをタップします。

関連記事

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...