USBメモリから起動できるFreeMindPortable

流通経済大学の市川新教授のご厚意により、「FreeMindもJavaも入っていないPCでUSBメモリからFreeMindを起動して使うための“FreeMind Portable”」をご提供いただきました。

FreemindPortableフォルダ内の“PortableReadMefreemind.txt”の指示に従って、セットアップしてお使いください。

  • FreeMind 1.0.0は動作しません
  • FreeMind 1.0.0には、1.0.0用Portableをお試しください。

セットアップの流れ

1. FreeMindのダウンロード

FreeMind 0.9.0のZIP圧縮のバイナリーデータをダウンロードし、圧縮フォルダを展開します。FreeMind 0.9.0をPCにインストール済みの方は、この作業は不要です。

2. FreeMind Portableのダウンロード

FreeMind Portableは、こちらよりダウンロードしてから、圧縮ファイルを展開して、下図の階層まで開きます。

FreeMind Portable

3. JavaをPCからコピー

ProgramFiles内のJavaフォルダのjre6フォルダを開いて、すべてのファイルをFreemindPortableフォルダのjreフォルダへコピーします。

FreeMind Portable

4. FreeMindをPCからコピー

1で展開したフォルダ内のすべてのファイルをFreemindPortableフォルダのfreemindフォルダにコピーします。FreeMindをインストール済みの方は、Java同様にProgramFiles内のFreeMindフォルダの中身をすべてFreemindPortableフォルダのfreemindフォルダにコピーします。

FreeMind Portable

5. freemindbat.iniの書き換え

“PortableReadMeFM.txt”の指示に従って、freemindフォルダ内のfreemindbat.iniの1行目を書き換えます。よくわからない場合は、何も書き換えずに6に進んでください。FreeMind 0.9.0では正常に動作します。

6. FreeMind PortableをUSBメモリにコピー

“FreeMind Portable”フォルダをUSBメモリにコピーします。

なお、“FreeMind Portable”フォルダの内容をUSBメモリのルートディレクトリにコピーすると、USBメモリからFreeMindを自動起動することができます。

FreeMind Portableの起動

USBメモリの[FreeMind Portable]フォルダの「系統樹思考法.exe」をダブルクリックします。

0.9.0であれば、[FreeMind Portable]内の[freemind]フォルダを開いて、[freemind.bat]をダブルクリックします。

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...