FreeMind(フリーマインド)とは

FreeMindは年間250万ダウンロードと世界的に人気のあるマインドマップ型ブレインストーミング・ソフトです。人気の理由は、2000年のデビューから変わらない操作の簡単さ動作の軽快さ、そして何と言っても無料であることです。

FreeMind使おう会について

手描きのマインドマップは次の理由から、習得には時間をかけた訓練が必要です。

  • 絵が苦手な人は思い通りに描けない
  • 手描きマップは描くのに時間がかかる
  • 手描きマップは修正できない

その点、描画機能に乏しいFreeMindには次のメリットがあります。

  • 絵が苦手な人が初めて書いても人に見せられる
  • 描画機能がないためパッと書ける
  • 何度でも修正できる

FreeMindはメールが書ける程度のPCスキルで使うことができます。しかも、価格は無料です。

FreeMindの国内ダウンロード数は年間6万件。実は、知られざる思考整理の定番ツールなのです。

さあ、あなたもFreeMindをダウンロードして、基本操作マニュアルのページへどうぞ。

FreeMindの特長

ビジネスにおけるFreeMindの用途は、企画、資料作成、プレゼンテーション、会議のファシリテーションや議事録作成など多岐にわたります。そのような用途にFreeMindが使える理由は、主に次の4つの特長にあります。

(1)構造化が容易

各語句は自在に並べ替えることができます。上図のように自動的に階層ごとに整列するなど構造を整理するのに適した機能を備えています。これらの機能を活用することで、アイディアを構造化しやすくなります。

(2)操作が簡単

ビジネスでFreeMindを使うために、覚えるべき機能はあまり多くありません。当会には「Wordより簡単」という感想も寄せられています。

(3)動作が軽快

本格的なマインドマップ・ソフトウェアは、情報量が多くなると動作が重くなりがちですが、FreeMindはいくら情報を書き込んでも軽快な動作を維持します。思考整理にとっては、きれいなマインドマップが描けることもよりも軽快な動作を維持することのほうが重要です。

(4)仕上げに便利

FreeMindは、WordやPowerPointへのデータの書き出しが簡単です。FreeMindからWordやPowerPointにコピー&ペーストするだけで、箇条書きになります。FreeMindでアイディアを練ってから、WordやPowerPointで仕上げるほうが、いきなりWordやPowerPointに向かうよりも早く資料が作れます。

FreeMindのスマートフォン対応

スマートフォン/タブレット版のFreeMindはありませんが、FreeMind互換アプリとしてiThoughts (for iPhone / iPad)、Mindjet (for Android)があります。

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...