MacOSX 10.8以降でFreeMindが起動できない

Mac OS 10.8 Mountain Lion以降でFreeMindが起動しないまたはFreeMindファイルが開かない場合があります。FreeMindを起動するときは、Controlキーを押しながらFreeMindをクリックします。同様にFreeMindファイルを開くときも、Controlキーを押しながらFreeMindファイルをダブルクリックします。

「FreeMindが壊れているため開けません」と表示されたら

下記の方法は、FreeMind公式サイト非推奨です。

  1. FreeMindをインストールします。(FreeMind 1.0.0未満では動作しないという情報もあります。その場合、FreeMind 1.0.0以上でお試しください。)
  2. システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > 一般 > (変更するにはカギをクリックします。) > ダウンロードしたアプリケーションの実行許可 > 「すべてのアプリケーションを許可」をチェックして、一時的にセキュリティを解除します。
  3. アプリケーション内のFreeMindを起動します。
  4. 再び先ほどのシステム環境設定の画面に戻って、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の設定を「すべてのアプリケーションを許可」を「Mac App Storeと確認済みの……」に戻します。
  5. もう一度FreeMindが起動できることを確認します。

※当会にはMountainLion環境がなく、本件については未確認です。

ディスクイメージから直接FreeMindを開かないでください!

Mac版のFreeMindで「保存できない」、「印刷できない」といったトラブルの問い合わせが増えています。

その大半はインストールせずにディスクイメージから直接FreeMindを開いて使っていることが原因です。必ずFreeMindをMacにインストールしてからお使いください。

関連記事

FreeMindとは