マインドマッピング(ブレインストーミング)ソフト比較

主なマインドマップ型ブレインストーミングソフト3本(iMindMap, Mind Manager, XMind)とFreeMindを比較します。

4つのマインドマッピングソフトの比較

iMindMap

マインドマップの開発者トニーブザンが唯一公認したマインドマッピングソフト(有料)。マインドマップに特化した唯一のソフトウェアだけに、抜群の描画機能を誇り、手書きそっくりのマインドマップが描けます。(「書く」というより「描く」という感じです。)

描画性能が高いために、情報量が多くなると動作が遅くなります。このため、何度も並べ替えてまとめるのには不向きです。手書きマインドマップのように自由に絵を描いて発想したいならば、FreeMindよりもiMindMapのほうが適しています。

MindManager

マインドマップ機能も優れた知的生産性を高めるための商用ソフトウェア(有料)。マインドマップのテンプレートも豊富です。特にWord, Excel, PowerPoint, Outlook, Projectのような業務系ソフトウェアとの連携機能が抜群です。ナレッジマネジメントやプロジェクトマネジメントなど幅広い用途に最適です。

いったん全社的に導入してしまうと、これなしでは仕事ができなくなると言われるほど高機能なソフトウェアです。FreeMindとの使い分け、FreeMindへの移行については、MindManagerとFreeMindの互換性もご参照ください。

XMind

香港のXMind社が開発しているマインドマッピングソフト。無料版と有料版があります。トピック(FreeMindでいうノード)、囲み、関連(FreeMindでいう矢印)の形やアイコンのバリエーションが豊富で、FreeMindよりも楽しく描画できます。

FreeMindがローカルで利用することしか想定されていないのに対し、XMindはローカルで作ってウェブで公開するように作られているのが特長です。無料版でも、XMindのサイトにアップロードできるようになっています。

FreeMindはマインドマップをFlashブラウザを使ってWebに公開する方法がありますが、非常に煩雑です。下記のようにウェブサイトにマインドマップを貼り付けるには、FreeMindよりもXMindのほうがお薦めです。

主なマインドマップ(ブレーンストーミング)ソフトの比較

FreeMindiMindMapMind ManagerXMindxMind Pro
価格 無料 有料 有料 無料 有料
特長 動作が軽快。古いPCでもOK。情報量が多くてもOK。情報量が増えても反応速度が変わらない。詳しくは、こちらのページへ。 マインドマップ専門。まるで手書き。抜群の描画力。 多様な図式(マインドマップ、組織図、ツリー図、ロジック図)。豊富なテンプレート(組織図、タスクリスト、プロジェクト計画)。 作図機能が豊富(マインドマップ、魚骨図、組織図、ツリー図、ロジック図、ノードの形、矢印の形)。ウェブへの展開が簡単。
Officeとの
連携
Word, Excel, PowerPoint にテキストデータのコピペが可能 Word, Excel, PowerPoint にテキストデータのエクスポートが可能 Officeとの連携ではダントツの高機能 Word, Excel, PowerPoint にテキストデータのコピペが可能
ウェブ共有 △専門知識が必要
○インターネット公開は簡単
△同時編集は有料のみ
Windows
Mac
iOS iThoughtsと互換 iThoughtsと互換
Android Mindjetと互換 Mindjetと互換
適性 構想(企画・構成、資料作成、プレゼンテーション、会議等)に最適。情報量の多いビジネス利用向き。 発想(アイディア整理)・記憶(試験勉強)に最適。情報量が少なく、表現にこだわりたい人向け。 法人の幅広い用途(企画・計画づくり、企画・構成、プロジェクト・マネジメント等)に最適。FreeMindより幅広く使える。 作図に最適。情報量が少なく、表現にこだわりたい人向け。PRO(有料版)は共同作業にも最適。詳しくは、こちら

関連記事

FreeMindはKJ法のアプリ(ソフト)として使えますか? 2015年09月29日
手書きマインドマップよりも簡単ですか? 2009年05月19日
マインドマップ(ブレインストーミング)ソフト比較 2009年02月23日

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...