FreeMind 旧バージョンのインストール

FreeMind(フリーマインド)の旧バージョンにはインストーラがありませんでした。ここでは、旧バージョンのFreeMindのインストール手順を解説しています。最新のWindows版のインストール手順はこちら、最新のMac版のインストール手順はこちらをご参照ください。

ZIPアーカイブからのインストール

  1. ダウンロードしたZipファイルを右クリックして、「すべて展開」をクリックします。
  2. 展開したフォルダの適当な場所に置きます。(展開したフォルダをFreeMindという名称に変更し、C:\Program Filesフォルダ下に置くと更新の際に便利です。)
  3. FreeMind.exeをWindowsのタスクトレイ上の「スタート」ボタンにドラッグ&ドロップして、スタートメニューにショートカットを追加すると、使用する際に便利です。(任意)
  4. 下記の手順に沿って、FreeMindのファイルをダブルクリックして開くように設定します。(任意)

FreeMindファイルの関連付けについて

 インストーラのないFreeMindは、ダウンロードしてプログラムを使えるようにしただけでは、ファイルをダブルクリックしても開くことができません。

 ファイルをダブルクリックして開くように設定するには、下記の手順が必要です。

  1. 適当なフォルダを開いて「ツール」メニューの「フォルダオプション」。
  2. 「ファイルの種類」タブから「新規」ボタンをクリック。
  3. 「ファイルの拡張子」に"mm"と入力。
  4. 「詳細設定」ボタンをクリック。
  5. 「アイコンの変更」ボタンをクリック。
  6. 「参照」ボタンをクリックして、FreeMindのプログラムを開いて、OK。
  7. 「新規」ボタンをクリック。
  8. 「アクション」に"open"、「参照」ボタンをクリックしてFreeMindのプログラムを選択して「アクションを実行するアプリケーション」を設定し、末尾に"%1"を加える。「アプリケーション」に"FreeMind"、「トピック」に"System"と入力。
  9. 「フォルダの種類」に拡張子MMとその説明書きが加わったことを確認して「閉じる」。

関連記事

ノードの補足説明をノートに書き込む 2014年05月08日
FreeMindのキー操作 2010年06月28日
自動レイアウト,アイコン,線の色で階層構造を明確に 2011年02月01日

FreeMindとは

新着情報

続きを読む...